市役所top

「観光地 大津」の知名度向上の為、大津市役所が運営するフェイスブック上で大津市の良いところをリアルタイムで世界に発信。この「大津の魅力を発信する人」を「おおつどん」として募集しています。大津京遷都が行なわれた667年にちなんで667人募集だそうです。

「おおつどん」が投稿して大津市職員の方が内容を確認後、公開。大津の魅力を発信するページなので、営利目的の投稿は禁止みたい。

LINK:ご当地愛フェイスブックでの情報発信者=「おおつどん」を募集します!!│大津市ホームページ

20141109odt
その「おおつどん」のフェイスブックのリンクを下に。10月にできたみたい。
現在大津市内のイベントや観光地などが写真付きで紹介されてます。盛り上がるといいですね。

LINK:667人のおおつどんによる情報発信交流ページ(フェイスブック)

スマートフォンなどが普及して個人が情報発信できる時代になってきたので、「おおつ公園レポ」などのように市民参加型の自治体の取り組みが今後は増えていくのでしょうか。

神奈川県鎌倉市や岐阜県可児市でも同じような取り組みがされてるようです。大津市は鎌倉市のを参考にしたのかな。
LINK:1192人のかまくらさんによる情報発信交流ページ(鎌倉市)
LINK:10万人の可児を愛する人「かにすき」による情報発信(可児市)

関連リンク
「667人のおおつどんによる情報発信交流ページ」利用規約
大津のいいね! みんなで発信 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)