2014年3月末に約3年の任期を残して「体調不良」を理由に辞任していた前教育長が、辞任の理由は「市長と意見が合わなかったから」とする内容の寄稿文が6月2日発売の日経ビジネスに掲載されているみたい。

これに越市長は、「理由が違うなら虚偽の説明をしたことになる。」「事実と異なる点がある。」「辞任後に一方的に言うのはフェアではない。」等と反論されているそうです。


日経ビジネスのホームページを見てみると今月号の内容に下のものが書いてありました。
敗軍の将、兵を語る

富田 真 氏[大津市教育委員会前教育長]
教育改革、道半ばで辞任


大津市立図書館の北館と和邇館には日経ビジネスを置いてるみたいなので、読みに行ってみようかな。


--参考HP--

大津市前教育長 市長と意見合わず辞任 週刊誌に手記 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
http://www.yomiuri.co.jp/local/shiga/news/20140602-OYTNT50158.html

滋賀)大津市前教育長、経済誌に辞任理由寄稿 市長反論:朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASG626DGHG62PTJB00X.html

日経ビジネス 最新号の内容|日経BPマーケティング
http://www.nikkeibpm.co.jp/publication/mag/cs/nb/saishin.shtml

大津市立図書館 WebOPAC (AM3:00~AM5:00はサービス停止)
https://www.library.otsu.shiga.jp/opac/cgi-bin/detail