2015102oma_10000
祭りの前の今年の一番手、柳町の「殺生石山」。

大津市が開催した「アーバンデータチャレンジ2015 in OTSU」。
オープンデータ活用推進事業。

『大津祭を楽しみたい!もっと盛り上げたい!大津のまちを楽しみたい!』をテーマに、8月にアイデアを出し合う「アイデアソン」と、9月にそのアイデアをもとにハック(アプリ作製)する「ハッカソン」が行なわれました。

市民参加の「アイデアソン」と「ハッカソン」を経て、大津祭に向けてひとつのアプリが完成したようです。

2015102oma001
大津祭曳山展示館で行なわれたハッカソン会場入り口

アプリの名前は「大津祭曳山ストーリーテラー」

10月11日の本祭のときに使えるアプリで、近くに来た曳山の名前や、曳山のからくり・歴史を説明してくれるようです。
「大津祭曳山ストーリーテラー」は、ハッカソンで最優秀アプリに選ばれてました。

iPhone用とアンドロイド用があるので、スマホをお持ちの方はほとんどが利用できますね。

大津市のホームページでアプリのダウンロード方法や使い方が詳しく説明されてます。

大津市のホームページはこちら
 LINK:本祭で使える!「大津祭を楽しむ!」アプリのご案内 (オープンデータ活用推進事業)│大津市ホームページ

ダウンロードはこちら
 LINK:iPhone  LINK:Android


関連記事
2015年の大津祭は10月10日(土)が宵宮、11日(日)が本祭。13基の曳山が巡行する約400年の歴史あるお祭り
8月12日に旧大津公会堂で「アーバンデータチャレンジ2015 in Otsu」のキックオフイベントが開催!テーマは『大津祭』!
8月22日にピアザ淡海で「アーバンデータチャレンジ2015inOTSU」のアイデアソンが開催!参加資格は大津祭を楽しみたい人

関連リンク
オープンデータ│大津市ホームページ
Code for Shiga / Biwako
大津祭曳山連盟