keihan4eki_2


京阪電鉄石山坂本線の4駅の駅名来年の2018年(平成30年)の3月頃に変更されるようです。

大津市が策定を進めている第2期観光交流基本計画(平成29年度~)の中心的な考え方である「オンリーワンのびわ湖を活用した地域の活性化」に賛同し、びわ湖、比叡山などを訪れる観光のお客さまのよりスムーズなご移動や、沿線のお客さまの乗換利用促進が目的、とのこと。

京阪電鉄がホームページで2月13日に発表してます。

 LINK:京阪電気鉄道株式会社


変更されるのは「浜大津駅」「別所駅」「皇子山駅」「坂本駅」の4駅です。


浜大津駅

P1000465_2

「浜大津駅」は「びわ湖浜大津駅」に変更。
駅を出ればすぐに琵琶湖が見えるイメージがわかりやすい名前になります。

大津の玄関口となる駅で、京津線と石山坂本線との接続駅になっています。

琵琶湖汽船㈱の運航するミシガンやビアンカの乗り場である大津港や琵琶湖ホテル、アミューズメント施設の浜大津アーカスなどがあり、琵琶湖観光やレジャーの拠点となっています。

毎年10月に行われる大津祭では、豪華な曳山がこの駅付近を巡行します。

びわ湖大津観光の玄関口であることを表現し、一層の観光客誘致を目指すため、現・「浜
大津(はまおおつ)」から変更します。

・開設日 1925年(大正14年)5月5日(新設)
・所在地 大津市浜大津1丁目3番8号
・乗降客数 5,786人/日

別所駅

P1110293_2

「別所駅」は「大津市役所前駅」に変更。
その名の通り大津市役所前にある駅なので、初めて訪れる人でもわかりやすく変わります。

「別所」は昔のこの地名で、住所などの名前が変わり、駅名にだけ残っていました。

駅の西に大津市役所、東に皇子山総合運動公園があります。

市役所の南には大津市歴史博物館があり、周辺は文化・スポーツが楽しめるエリアです。

皇子山運動公園は大津市を代表する公園で、野球場や陸上競技場のほか、池や滝などがある広場もあり、市民の憩いの場としても親しまれています。

「大津市役所前」という立地のわかりやすい表現により電車利用の促進を図るため、現・「別所(べっしょ)」から変更します。

・開設日 1929年(昭和4年)4月11日(琵琶湖鉄道汽船㈱(※)を合併)
・所在地 大津市御陵町5番1号
・乗降客数 3,059人/日


皇子山駅

20150318_001

「皇子山駅」は「京阪大津京駅」に変更。
「JR大津京駅」の最寄りの京阪の駅とすぐわかる名前になります。

大津線27駅の中では最も新しい駅で、1946(昭和21)年に開業し、国鉄(現・JR)湖西線が開通してからは乗り換え駅となりました。

付近には、7世紀に「大津宮(おおつのみや)」が置かれていました。

JR湖西線との乗換利用の促進を図るため、現・「皇子山(おうじやま)」から変更します。

・開設日 1946年(昭和21年)3月1日開設
・所在地 大津市皇子が丘2丁目5番1号
・乗降客数 6,560人/日


坂本駅

0813_8

「坂本駅」は「坂本比叡山口駅」に変更。
表玄関の坂本から比叡山へ行くための最寄り駅だとすぐわかる駅名に変わります。

京阪電車全駅の中で一番北に位置しています。

1997(平成9)年の穴太~坂本駅間の複線化工事とともに現在の駅舎に生まれ変わりました。
2000(平成12)年に、京阪電車では宇治駅とともに、第1回近畿の駅百選に選ばれました。

坂本一帯は延暦寺や日吉大社の門前町で、中世には京都への中継地としても栄えました。
いたるところで「穴太積み」と呼ばれる美しい石垣を見ることができます。

西に10分ほど歩くと、日本一長い坂本ケーブルの「ケーブル坂本駅」があります。

比叡山観光の拠点でもあることから、京都側の「八瀬比叡山口」(叡山電鉄)とも対応し、坂本側からの観光客誘致を目指すため現・「坂本(さかもと)」から変更します。

・開設日 1929年(昭和4年)4月11日(琵琶湖鉄道汽船㈱を合併)
・所在地 大津市坂本4丁目12番35号
・乗降客数 3,268人/日




近年の大津市内の駅名変更は、2008年3月15日に湖西線の2駅が「西大津駅→大津京駅」と「雄琴駅→おごと温泉駅」に変更。1994年9月4日に湖西線の「叡山駅→比叡山坂本駅」に変更しています。


関連リンク
京阪電気鉄道株式会社

大津市民さん、情報ありがとうございました!
大津市内で見つけた出来事を教えてください。情報提供願い