3月19日【今日は何の日?】667年 中大兄皇子が都を近江大津宮に移す




おおつうしん けいじばん


      大津市や近郊のイベントやキャンペーンなどの告知スペース。『おおつうしん けいじばん』から投稿できます

    過去の大津の【今日】の出来事を紹介します。

    0319_02
    天智天皇:古今偉傑全身肖像(1899年ごろ)

    667年3月19日(天智天皇6年)
    中大兄皇子が都を近江大津宮に移す 『日本書紀』

    中大兄皇子(後の第38代天皇 天智天皇)が近江大津宮に遷都した日。

    667年旧暦3月19日、中大兄皇子は都を近江大津へ移した。
    その翌年(668年)1月、中大兄皇子は即位して天智天皇となった。
    日本で最初の律令法典となる近江令(おうみりょう)が制定されたともいわれる。

     なお、この遷都の理由はよく判っていないが、国外の脅威に対抗しうる政治体制を新たに構築するため、抵抗勢力の多い飛鳥から遠い大津を選んだとする説が有力である。また、大津を遷都先に選んだ理由については、対外関係上の危機感が強く働いていたと思われる。

    大津は琵琶湖に面しており、陸上・湖上に東山道や北陸道の諸国へ向かう交通路が通じており、西方へも交通の便が良いためとする説がある。

    日本書紀によるとこの遷都には民衆から大きな不満があり、昼夜を問わず出火があったという。

    近江宮 - Wikipediaより

    大津宮(大津京)跡が見つかっているのはこのあたり。

    天智天皇陵は京都市山科区にあります。

    関連記事
    2月9日【今日は何の日?】1978年 県教委が大津の宮跡を錦織地区と断定する
    関連リンク
    大津京跡|歴史事典|大津市歴史博物館
    近江宮 - Wikipedia
    天智天皇 - Wikipedia
    日本書紀 - Wikipedia
    667年 - Wikipedia

    その他の今日の出来事
    2006年-歴史博物館の来館者が100万人に到達
    2005年-名神高速道路・草津田上ICが供用開始
    1937年-滋賀郡連合主婦会が結成される
    1818年-下坂本村の前年の騒動に対し、山門は年貢減免等の要求を拒否し、主謀者らを処罰する
    667年-中大兄皇子が都を近江大津宮に移す



    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください