4月6日【今日は何の日?】1690年 松尾芭蕉が膳所の門人の菅沼曲水に提供された国分山中の幻住庵に入る




おおつうしん けいじばん


      大津市や近郊のイベントやキャンペーンなどの告知スペース。『おおつうしん けいじばん』から投稿できます

    過去の大津の【今日】の出来事を紹介します。

    0406_4
    石山駅前の芭蕉像

    1690年4月6日(元禄3年)
    松尾芭蕉が膳所の門人菅沼曲水に提供された国分山中の幻住庵に入る 『芭蕉書簡集』

     松尾芭蕉が幻住庵に入った日。7月23日まで滞在していたそうです。

    「奥の細道」の旅を終えた翌年の元禄3年(1690年)3月頃から、膳所の義仲寺無名庵に滞在していた芭蕉が、門人の菅沼曲水の奨めで同年4月6日から7月23日の約4ヶ月間隠棲した小庵。ここで「石山の奥、岩間のうしろに山あり、国分山といふ」の書き出しで知られる「幻住庵記」を著した。

    幻住庵 - Wikipediaより

    国分2丁目にある幻住庵

    関連リンク
    幻住庵 | 滋賀県観光情報
    幻住庵の記表紙
    松尾芭蕉 - Wikipedia
    菅沼曲水 - Wikipedia
    1690年 - Wikipedia

    その他の今日の出来事
    1998年-膳所すこやか相談所オープン(市内5番目)
    1990年-仰木の里幼稚園・小学校竣工
    1987年-春のライトアップ(~12日)で疏水、三井寺一帯の桜を夜間照明
    1985年-県内初の夜間保育所(第2星の子保育園)の入園式
    1947年-県立図書館が三井寺下から市公会堂に移転し、大津公民館の図書館を兼ねて開館する
    1919年-第九連隊から1500名がシベリア出兵、大津駅で多数の見送りを受ける
    785年-最澄が受戒し、近江国分寺の正規の僧侶となる



    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください