4月15日【今日は何の日?】1943年 大津陸軍少年飛行兵学校が別所の陸軍病院跡に新設され、開校式が行なわれる




おおつうしん けいじばん


      大津市や近郊のイベントやキャンペーンなどの告知スペース。『おおつうしん けいじばん』から投稿できます

    過去の大津の【今日】の出来事を紹介します。

    0415002
    校訓 至誠 純真 元気 周到

    1943年4月15日(昭和18年)
    大津陸軍少年飛行兵学校が別所の陸軍病院跡に新設され、開校式が行なわれる 『朝日新聞滋賀版』

     別所(御陵町)で大津陸軍少年飛行兵学校の開校式が行なわれた日。

     大津陸軍少年飛行兵学校では一年間の過程で、中学三~四年程度の学力養成と、グライダー訓練など航空兵としての基礎訓練が行なわれていたそうです。最初の卒業生の成績優秀者6人の出身地は東京・東京・新潟・岡山・山梨・佐賀だったみたい。

    1943年(昭和18年)4月、東京陸軍航空学校は東京と大津の各陸軍少年飛行兵学校へ改編され、少年飛行兵となる生徒を毎年2回入校させ約1年間の基礎教育を行い、その後に宇都宮・熊谷の各陸軍飛行学校(操縦)、所沢・岐阜の各陸軍航空整備学校(技術)、陸軍航空通信学校(通信)で分科に応じた専門技術教育を行うよう定められた。

    陸軍少年飛行兵 - Wikipedia より

    大津陸軍少年飛行兵学校跡地には石碑があります。


    0415000
    若鷲の碑

    0415003
    第一校歌

    0415001
    若鷲の記

     大津陸軍少年飛行兵学校は、太平洋戦争が苛烈の度を加え、その戦域が益々拡大された昭和十七年十月、航空戦力増強の要請に応じ、東京陸軍航空学校大津教育隊として此の地に開設され、翌十八年四月、大津陸軍少年飛行兵学校に独立した。

     当時十五・六歳の少年たちは、祖国存亡のとき、陸軍航空の期待と栄光の重責を担い、「至誠・純真・元気・周到」の校風のもと、炎熱の朝、酷寒の夕、琵琶湖畔に、長等山麓に、幹部要員として徹底した一ヵ年の基礎訓練に励んだ。その数、第十五期生から第二十期生に至るまで八千有余人。
    ついで、操縦・通信・整備の各上級学校に学び、若鷲となって大空に巣立ち、北辺の空に南溟の果てに、本土防衛のさきがけとなつて愛機と生死を共にした。

     昭和二十年八月、戦いは終り、これらの出身者、また未だ学業半ばの者は、ともに全国に離散し、本校もまたその歴史を閉じた。

     往時茫々、戦後三十年。教えし者、教えられし者相つどい、かつて青春のすべてを抛げうつた思い出深きこの地に、永遠の平和を願つて、茲に「若鷲の碑」を建立する。

    昭和五十年十月十二日
    大津陸軍少年飛行兵学校 関係者一同

    関連リンク
    大津れきはく日記 : 陸軍少年飛行兵学校の日の丸の寄せ書き
    1943年 - Wikipedia

    その他の今日の出来事
    2013年-大津市民病院 患者相談支援室を開設
    2013年-おおつこどもナイトダイヤルを開設
    1970年-山中越バイパス工事(県道下鴨大津線)が完成する
    1214年-延暦寺衆徒が園城寺衆徒と合戦、園城寺金堂など堂舎・僧房を焼き払い、錦織・大津西浦の在家も焼く
    833年-円珍が延暦寺で受戒し、籠山修行にはいる



    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください