5月11日【今日は何の日?】1891年 ロシア皇太子ニコライが大津遊覧中に下小唐崎町で警備の巡査津田三蔵に斬りつけられて負傷する




おおつうしん けいじばん


      大津市や近郊のイベントやキャンペーンなどの告知スペース。『おおつうしん けいじばん』から投稿できます

    過去の大津の【今日】の出来事を紹介します。

    05111_5
    ロシア帝国皇太子ニコライ(後のニコライ2世)

    1891年5月11日(明治24年)
    ロシア皇太子ニコライが大津遊覧中に下小唐崎町で警備の巡査津田三蔵に斬りつけられて負傷する 『日出新聞』

     「大津事件」が起きた日。日本の司法権の独立を象徴する判決を出した事件とのこと。

     親善訪問のため、ロシア皇太子ニコライ・アレクサンドロヴィチと甥のギリシャ王子ゲオルギオス・ティス・エラザスの一行が4月27日に長崎へ来日。事件が起きた5月11日、一行は京都から人力車で大津へ入り、園城寺(三井寺)や唐崎神社、県庁を訪問。京都への帰路の途中に京町通下小唐崎町(現在の京町2丁目)で事件が起きたみたい。

     京町2丁目に「大津事件跡碑」があります。

     05112_5
    大津事件跡碑
    『此附近露國皇太子遭難之地』

    地図ではここ

    大津事件(おおつじけん)は、1891年(明治24年)5月11日に日本を訪問中のロシア帝国皇太子・ニコライ(後のニコライ2世)が、滋賀県滋賀郡大津町(現大津市)で警備にあたっていた警察官・津田三蔵に突然斬りつけられ負傷した、暗殺未遂事件である。

    当時の列強の1つであるロシア帝国の艦隊が神戸港にいる中で事件が発生し、まだ発展途上であった日本が武力報復されかねない緊迫した状況下で、行政の干渉を受けながらも司法の独立を維持し、三権分立の意識を広めた近代日本法学史上重要な事件とされる。

    大津事件 - Wikipediaより

    関連リンク
    大津事件・津田三蔵の新資料発見|大津市歴史博物館
    大津事件 - Wikipedia
    1891年 - Wikipedia

    その他の今日の出来事
    1968年-県立湖南高校(定時制)が開校する
    1884年-大津小川町の牛肉店見習亭が、西洋料理の食堂を開業する



    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください