5月12日【今日は何の日?】1017年 三条上皇の死に際して逢坂関の固関が行なわれる




おおつうしん けいじばん


      大津市や近郊のイベントやキャンペーンなどの告知スペース。『おおつうしん けいじばん』から投稿できます

    過去の大津の【今日】の出来事を紹介します。

    0512_5
    京都府京都市北区にある北山陵(きたやまのみささぎ、三条天皇陵墓)(by Si-take.CC-BY-SA

    1017年5月12日(寛仁元年)
    三条上皇の死に際して逢坂関の固関が行なわれる 『日本紀略』

     第67代天皇の三条天皇の崩御にともない、逢坂関で固関が行なわれた日。

    固関(こげん)とは、律令制において天皇・上皇・皇后の崩御、天皇の譲位、摂関の薨去、謀反などの政変などの非常事態に際して、「三関」と呼ばれた伊勢国の鈴鹿関、美濃国の不破関、越前国の愛発関(後に近江国の逢坂関)を封鎖して通行を禁じること。これに対して封鎖を解除することを開関(かいげん)という。

    固関 - Wikipediaより

     三条天皇(三条院)の和歌は小倉百人一首の68番目に入っています。競技かるたでは4字決まりの句。

    『心にも あらでうき世に ながらへば 恋しかるべき 夜半の月かな』

    関連リンク
    三条天皇 - Wikipedia
    逢坂関 - Wikipedia
    1017年 - Wikipedia

    その他の今日の出来事
    2006年-比良とぴあの利用者が50万人に到達
    1868年-大津県庁を東今颪町本福寺に移す(13日説も)
    1687年-膳所藩が領内村々の人足徴発の手続きを定める
    1142年-鳥羽法皇が延暦寺で受戒する
    672年-唐の使節、郭務悰らを大津宮で迎接する



    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください