5月24日【今日は何の日?】1930年 大津市上水道敷設工事が完成し、柳ヶ崎水源地で通水式が行なわれる




おおつうしん けいじばん


      大津市や近郊のイベントやキャンペーンなどの告知スペース。『おおつうしん けいじばん』から投稿できます

    過去の大津の【今日】の出来事を紹介します。

    0524_5
    柳が崎浄水場

    1930年5月24日(昭和5年)
    大津市上水道敷設工事が完成し、柳ヶ崎水源地で通水式が行なわれる 『大阪朝日新聞滋賀版』

     柳ヶ崎揚水場が完成して通水式が行なわれた日で、大津市の上水道事業が始まった日。通水式では花火が打ち上げられ、市内の小学生5000人が祝賀の旗を持って街頭行進したそうです。給水が始まったのは6月1日から。

    柳が崎浄水場

     当時は柳が崎で琵琶湖の水を汲み上げ、「山上浄水場」で浄水して配水してたみたい。「柳ヶ崎揚水場」は昭和23年に浄水機能を備え、「柳が崎浄水場」になったようです。

     「柳が崎浄水場」は近代水道百選に滋賀県内から唯一選ばれています。

    近代水道百選は、1985年(昭和60年)に厚生省(現・厚生労働省)が企画、日本水道新聞社主催で選定した水道施設の百選である。

    近代水道百選 - Wikipediaより

    05241_5
    山上高区配水池。
    建物の屋上には「びわ湖の恵み 大津の水道」と書かれてます。

     「山上浄水場」は1969年(昭和44年)に廃止され、跡地は現在「山上高区配水池」になってるみたい。当時は柳が崎からこんなところまで琵琶湖の水を送って浄水してたんですね。

    関連リンク
    水道事業の沿革 | 大津市企業局
    主要な水道施設 | 大津市企業局
    1930年 - Wikipedia

    その他の今日の出来事
    1984年-環境庁から「快適環境整備事業」(アメニティタウン計画)の指定を受ける
    1200年-検非違使 藤原能宗の従者が大津の市で日吉神人と交易し、銭貨の使用をめぐって争う



    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。