6月23日【今日は何の日?】952年 逢坂や和邇などで疫神をはらうための四角四堺祭が行なわれる




おおつうしん けいじばん


      大津市や近郊のイベントやキャンペーンなどの告知スペース。『おおつうしん けいじばん』から投稿できます

    過去の大津の【今日】の出来事を紹介します。

    0623_6
    疫病神退治をする安倍晴明(泣不動縁起より)PD
    ※四角四堺祭と関係ないかも

    952年6月23日(天暦6年)
    逢坂や和邇などで疫神をはらうための四角四堺祭が行なわれる 『朝野郡載

     疫病を流行らせる疫神や鬼神の侵入を防ぐため、京都の御所の四隅(四角)と、会坂(逢坂)和邇、大枝(京都市西京区)、山崎(京都府乙訓郡)の四堺で、陰陽寮四角四堺祭を執行した日。

     室町時代の『康富記』では四堺の和邇が伊香立上龍華町に変わってるそうな。

     四堺(しさかい)とは、平安京のある山城国四維(北西、南西、南東、北東の隅)にあたる大枝山崎逢坂和邇の4つの地点の事。外部からの穢れが平安京へ侵入する進路と考えられていた。

    四堺 - Wikipediaより

    関連リンク
    四角四堺(境)祭 - 平家物語・義経伝説の史跡を巡る
    952年 - Wikipedia

    その他の今日の出来事
    1934年-瀬田川の東海道線鉄橋付近で3万尾の魚が斃死し、盛越川から取水している水田の稲が枯死する
    1909年-県立女子師範学校・県立大津高等女学校の新校舎が大津市東浦に竣工し、移転する
    1653年-禁裏御所が焼亡、膳所藩が消火のため出仕する
    1200年-延暦寺の訴えにより、藤原公継が左衛門督・検非違使別当を解任され、能宗が隠岐国に流される



    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください