6月26日【今日は何の日?】804年 山城国山科駅が廃止され、近江国勢多駅にその駅馬が加えられる




おおつうしん けいじばん


      大津市や近郊のイベントやキャンペーンなどの告知スペース。『おおつうしん けいじばん』から投稿できます

    過去の大津の【今日】の出来事を紹介します。

    804年6月26日(延暦23年)
    山城国山科駅が廃止され、近江国勢多駅にその駅馬が加えられる 『日本後紀

     794年の平安遷都の影響で、平安京に近い山科駅が衰退、勢多駅が栄えたそう。そして、この日に山科駅が廃止され、近江国勢多駅にその駅馬が加えられたようです。

     神領3丁目にある『堂ノ上遺跡』は勢多駅跡と考えられてるみたい。

    駅路(えきろ)とは、古代律令制において定められた駅使が通行する官道のこと。

    大宰府及び五畿七道の全ての国府を結ぶ路線であり、中央政府の命令・地方国司の報告・緊急事態の連絡はいずれもこの道を経由して行われた。古くは、駅使が駅馬(えきば/はゆま)などで往来するために馬の通行を妨げない程度の道幅とみられていたが、近年の考古学調査の成果によれば、その幅は最小で6m程度、最大では30mを超えていたことが判明している。

    駅路には平均して30里(ただし、律令制の里は今日知られている里とは異なり、律令制の30里は現在の16km前後と推定されている)ごとに駅家(うまや)が置かれていた。

    駅路 - Wikipediaより

    関連リンク
    堂ノ上遺跡|歴史事典|大津市歴史博物館
    804年 - Wikipedia

    その他の今日の出来事
    2003年-中心市街地活性化に向けて、浜大津窓口(フロント)「座」開設
    1916年-前年大津市に寄付された橋本町の旧三井銀行大津支店の建物に市庁舎が移転する
    1685年-観音寺朝舜が年貢米収納の滞りを理由に、代官職・船奉行職を罷免される
    1367年-園城寺衆徒が南禅寺の関を破却したため、幕府は園城寺の関山(逢坂山)・四宮河原・松坂峠の三関を焼き払う
    672年-大海人皇子が東国に入ったという情報が伝わり、大津宮の貴族たちに動揺が起こる。またこの日、近江朝廷が東国・倭京・筑紫・吉備に募兵の為の使者を派遣する



    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください