大津市外国語教育推進会議の初会合が20日に行われた。

市の外国語教育アドバイザーに就任した亀田尚己・同志社大名誉教授、
越直美市長や教育委員、小中学校の教員ら計18人が参加。

国は東京五輪のある2020年に合わせた英語教育改革を打ち出しているが、
市はそれより早く、2018年までに独自の英語教育の指導充実をはかるそう。

まずは本年度予算で外国語指導助手(ALT)を増員するみたい。

この会議は月一程度に開かれるそうな。


外国語教育アドバイザーに就任された亀田尚己・同志社大名誉教授の研究テーマは
「英語による国際ビジネスコミュニケーション」だそうです。


--参考HP--

大津市長「英語教育で日本一目指す」 推進会議、議論スタート : 京都新聞
http://kyoto-np.co.jp/politics/article/20140521000152

大津市:市外国語教育推進会議、今後の英語授業など検討 /滋賀 - 毎日新聞
http://mainichi.jp/life/edu/news/20140524ddlk25100371000c.html

亀田 尚己|教員紹介|同志社大学 商学部/商学研究科
http://com.doshisha.ac.jp/teachers/nkameda.html