平成29年台風21号がきた10月22日&23日は大津市南小松での観測史上1番&2番の最大風速&最大瞬間風速だったみたいです。


最大風速(10分平均)は19.6 (m/s)と18.8 (m/s)で、1978年11月~2017年10月の約40年間で1番と2番。すごい。

最大瞬間風速(3秒平均)は44.2 (m/s)と38.7 (m/s)で、2009年2月~2017年10月の約9年で1番と2番となっています。

LINK:気象庁|過去の気象データ検索(南小松)


風速は35 (m/s)を超えると車や列車が倒れるぐらいで、40 (m/s)になると身体を45度に傾けないと倒れるぐらいの強さだそうです。身体を45度…。
 参考リンク:風速と感覚と被害-災害情報-いさぼうネット


南小松にはJR近江舞子駅があります。


日本国内において単に「風速」という場合、地上気象観測では、地上約10メートルの高さにおける10分間の平均風速を表し、0.25秒ごとに更新される3秒(12サンプル)平均を瞬間風速という。

また、平均風速の最大値を最大風速、瞬間風速の最大値を最大瞬間風速という


関連リンク
気象庁 Japan Meteorological Agency

大津市民さん、情報ありがとうございました!
大津市内で見つけた出来事を教えてください。情報提供願い