おおつうしん けいじばん
大津市や近郊のイベントやキャンペーンなどの告知スペース。『おおつうしん けいじばん』から投稿できます

過去の大津の【今日】の出来事を紹介します。

1123
弘文天皇の御影(法傳寺所蔵)PD

671年11月23日(天智天皇10年)
大津宮の内裏西殿の織物の仏像の前で、左大臣蘇我赤兄ら5人の高官が大友皇子に忠誠を誓う 『日本書紀』


9月から病に伏していた天智天皇が崩御する10日前の出来事。

大友皇子と左大臣蘇我赤兄、右大臣中臣金、御史大夫の蘇我果安、巨勢人、紀大人は、内裏の西殿の織物仏の前で「天皇の詔」を守ることを誓った。

すなわち、大友皇子が香炉を手にして立ち、「天皇の詔を奉じる。もし違うことがあれば必ず天罰を被る」と誓った。
続いて赤兄ら五人が順に香炉を取って立ち、「臣ら五人、殿下に従って天皇の詔を報じる。もし違うことがあれば四天王が打つ。天神地祇もまた罰する。三十三天、このことを証し知れ。子孫が絶え、家門必ず滅びることを」などと泣きながら誓った。

ここでいう「天皇の詔」の内容は不明だが、一般には天智天皇の死後大友皇子を即位させることだと考えられている。



7か月後に壬申の乱が起きています。


関連リンク
弘文天皇 - Wikipedia
壬申の乱 - Wikipedia
671年 - Wikipedia

その他の今日の出来事
1211年-坂本の町に火災。在家二千余および日吉八王子社等が焼失する
1024年-勢多橋が焼失する