【2018年】大津市歴史博物館で「膳所城と藩政 -築城から幕末十一烈士事件まで-」が開催中!4/15(日)まで




 

大津市歴史博物館で本多氏入封400年記念企画展(第75回企画展)「膳所城と藩政 -築城から幕末十一烈士事件まで-」が開催中です。

開催期間は3月3日~4月15日(日)で、開館時間は9時~17時(入場は4時30分まで)。
休館日は毎週月曜日と3月22日(木)、となっています。

観覧料は一般600円、高大生300円、小中生200円。

詳しくは大津市歴史博物館のホームページで
LINK:企画展 膳所城と藩政|お知らせ|大津市歴史博物館

会場は地図ではここ

膳所藩(ぜぜはん)は、近江国滋賀郡膳所の膳所城(現在の滋賀県大津市)に藩庁を置いた藩

江戸時代初期には短期間で藩主家が交替したが、そのうちの本多家が1651年に再封され、以後廃藩置県まで藩主を務めた。京都への入口を押さえる役割を担い、歴代藩主家はいずれも譜代大名である。本多氏(再封)時代の石高は7万石で、これは近江国では彦根藩(井伊家)に次ぐ規模である。

膳所藩 – Wikipediaより

膳所城跡は、現在は公園になっています。

膳所藩最後の藩主の本田康穣の具足や、膳所総絵図などが展示。

期間中は企画展の関連講座も開催されます。こちらは要予約。
LINK:講座・講演会|大津市歴史博物館


関連リンク
大津市歴史博物館 Otsu City Museum of History
大津市歴史博物館(@otsu_rekihaku)さん | Twitter



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください