5月25日【今日は何の日?】日本窒素肥料が旭人造絹糸の膳所工場を譲り受け旭絹織(現在の旭化成)を設立する

    過去の大津の【今日】の出来事を紹介します。

    サランラップの箱より

    1922年5月25日(大正11年)
    日本窒素株式会社が、旭人造絹糸株式会社の膳所工場を譲り受けて旭絹織株式会社を設立する 『大津商工会議所百年史別冊』

    現在の「旭化成株式会社」に繋がる「旭絹織株式会社」が設立された日。「日本窒素肥料株式会社」(現在のチッソ)の創業者の野口遵(のぐち したがう)が旭人造絹糸株式会社を買収して設立しました。

    旭化成ウェブサイトの「会社概要」では、旭化成の事業が始まった『創業』は1922年5月25日の「旭絹織株式会社」の設立日となっています。『設立』は「延岡アンモニア絹絲株式会社」が設立された1931年5月21日。
     LINK:会社概要 | 企業情報 | 旭化成株式会社

    旭化成株式会社(あさひかせい)は、化学繊維住宅建材エレクトロニクス医薬品医療等の事業を行う日本の大手総合化学メーカーである。総合化学業界における国内売上高第3位。旭化成グループを参照。戦前は日窒コンツェルンの一部だったが、日本の敗戦に伴う財閥解体により資本関係が絶たれ、1946年4月に日窒化学工業が旭化成工業と改名して、独立企業体として誕生した。

    旭化成 – Wikipedia
    義仲寺(月曜日は閉門)

    「旭化成」の社名の「旭」は、当時の工場の近くにあった、大津市馬場1丁目の「義仲寺」にお墓がある木曽義仲の通称『旭将軍』からきてるみたい。
     LINK:vol.1 100年史編纂がスタートしました|アーカイブ 社史編纂通信|旭化成100周年サイト|旭化成株式会社

    この記事が気に入ったら
    いいね または フォローしてね!

    この記事を書いた人

    管理してます。今年は窓辺で初めての水耕栽培にトライ。大葉とバジル。

    コメント

    コメントする

    目次