6月14日【今日は何の日?】1221年 後鳥羽上皇軍が宇治・淀・勢多で幕府軍に敗れる




おおつうしん けいじばん


      大津市や近郊のイベントやキャンペーンなどの告知スペース。『おおつうしん けいじばん』から投稿できます

    過去の大津の【今日】の出来事を紹介します。

    1221年6月14日(承久3年)
    後鳥羽上皇軍が宇治・淀・勢多で幕府軍に敗れる 『吾妻鏡』

     6月12日の続き。
     後鳥羽上皇軍が宇治・淀・勢多で幕府軍に敗れた日。承久の乱の終焉。

    6月13日、京方と幕府軍は衝突。京方は宇治川の橋を落とし、雨のように矢を射掛け必死に防戦する。

    幕府軍は豪雨による増水のため川を渡れず攻めあぐねたが、翌14日に佐々木信綱を先頭に強引に敵前渡河し、多数の溺死者を出しながらも敵陣の突破に成功。京方は潰走し、幕府軍は京へなだれ込んだ。幕府軍は寺社や京方の公家・武士の屋敷に火を放ち、略奪暴行を働いた。

    承久の乱 - Wikipediaより

    六波羅探題(ろくはらたんだい)は、鎌倉幕府の職名の一つ。承久3年(1221年)の承久の乱ののち、幕府がそれまでの京都守護を改組し京都六波羅の北と南に設置した出先機関。探題と呼ばれた初見が鎌倉末期であり、それまでは単に六波羅と呼ばれていた。

    承久の乱の戦後処理として、後鳥羽上皇方に加担した公家武士などの所領が没収され、御家人に恩賞として再分配された。これらは、それまで幕府の支配下になかった荘園で、幕府の権限が及び難い西国に多くあった。再分配の結果、これらの荘園にも地頭が置かれることになった。また、幕府側は、朝廷方の動きを常に監視し、これを制御する必要が出てきた。

    六波羅探題 - Wikipediaより

    関連リンク
    瀬田唐橋感謝祭 勢多唐橋東西大綱引合戦 | 公式WEBサイト
    鎌倉幕府 - Wikipedia
    1221年 - Wikipedia

    その他の今日の出来事
    1336年-足利直義が園城寺衆徒に瀬田の渡船調達を命じる
    1322年-朝廷が妙法院門跡の妨げを停止し、小槻氏に法光寺とその寺領を安堵する太政官牃を出す



    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください