7月29日【今日は何の日?】1613年 幕府が石山寺に、慶長6年の検地の打出6石余を追加して、合計579石余の寺領を安堵する




おおつうしん けいじばん


      大津市や近郊のイベントやキャンペーンなどの告知スペース。『おおつうしん けいじばん』から投稿できます

    過去の大津の【今日】の出来事を紹介します。

    0729_7

    1613年7月29日(慶長18年)
    幕府が石山寺に、慶長6年の検地の打出6石余を追加して、合計579石余の寺領を安堵する 『本光国師日記』

     前将軍の徳川家康から寺領を安堵する朱印状が下された日。

     慶長6年にも安堵されたものに慶長6年の検地による追加分を含め、合計579石になったそうです。

    安堵(あんど)とは、古代末期から近世にかけて日本の土地私有制度において、主君(もしくは支配者)が家臣(もしくは被支配者)に対して所領知行(土地権利)や所職の存在・継続・移転などを保証・承認する行為を指す。

    安堵 - Wikipediaより

     石山寺ホームページの年表にこの出来事が記載されています。
    LINK:滋賀県石山観光協会 紫式部ゆかりの花の寺 石山寺

    関連リンク
    石山寺 | 紫式部 安産 福徳 縁結 厄除
    1613年 - Wikipedia

    その他の今日の出来事
    2003年-大津市の人口が30万人に到達
    1958年-国有財産近畿地方審議会で自衛隊移駐は旧米軍キャンプ大津B地区のみと決まる
    1684年-大津代官が大津町に町木戸の取り締まり強化を命じる触書を出す



    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください