8月31日【今日は何の日?】1877年 パリ万国博覧会に際し、栗太郡桐生村の雁皮紙等の出品が決まる




おおつうしん けいじばん


      大津市や近郊のイベントやキャンペーンなどの告知スペース。『おおつうしん けいじばん』から投稿できます

    過去の大津の【今日】の出来事を紹介します。

    Panorama_des_Palais_8
    1878年パリ万博の宮殿のパノラマ(カルナヴァレ博物館 所蔵)PD

    1877年8月31日(明治10年)
    パリ万国博覧会に際し、栗太郡桐生村の雁皮紙等の出品が決まる 『滋賀県庁所蔵文書』

     1878年(明治11年)開催のパリ万国博覧会に際し、栗太郡桐生村(現在の大津市桐生)の雁皮紙等の出品が決まった日。

    雁皮紙(がんぴし)は、ジンチョウゲ科の植物である雁皮から作られる和紙である。

    雁皮の成育は遅く栽培が難しいため、雁皮紙には野生のものの樹皮が用いられる。古代では斐紙や肥紙と呼ばれ、その美しさと風格から紙の王と評される事もある。

    繊維は細く短いので緻密で緊密な紙となり、紙肌は滑らかで、赤クリームの自然色(鳥の子色)と独特の好ましい光沢を有している。丈夫で虫の害にも強いので、古来、貴重な文書や金札に用いられた。日本の羊皮紙と呼ばれることもある。

    雁皮紙 - Wikipediaより

     桐生にある「成子紙工房」では、現在も雁皮紙を作っているそうです。ホームページで雁皮紙や歴史などが紹介されています。

    LINK::: 成子紙工房 :: 滋賀県大津市 :: 近江の雁皮紙

    地図ではここ

    関連リンク
    :: 成子紙工房 :: 滋賀県大津市 :: 近江の雁皮紙
    成子紙工房 代表取締役 成子哲郎さん(61歳) - 滋賀ガイド「素敵な人」
    成安造形大学附属 近江学研究所:Category: おうみブログ
    1877年 - Wikipedia

    その他の今日の出来事
    2006年-歴史博物館企画展「ありし日の江若鉄道」の来館者が一万人を突破



    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください