9月18日【今日は何の日?】1571年 イエズス会の宣教師ガスパル・ヴィレラがその書簡に大津を「三井寺と称する町あり、人口約二千なるべし」と記す




おおつうしん けいじばん


      大津市や近郊のイベントやキャンペーンなどの告知スペース。『おおつうしん けいじばん』から投稿できます

    過去の大津の【今日】の出来事を紹介します。

    0817_8
    三井寺(園城寺)

    1571年9月18日(元亀2年)
    イエズス会の宣教師ガスパル・ヴィレラがその書簡に、大津を「三井寺と称する町あり、人口約二千なるべし」と記す 『耶蘇会士日本通信』

    イエズス会の宣教師ガスパル・ヴィレラが書簡に、大津のことを「三井寺と称する町あり、人口約二千なるべし」と記した日。

    ガスパル・ヴィレラ(Gaspar Vilela)はポルトガル人イエズス会員でカトリック教会の司祭。
    日本のキリスト教史上最初期の宣教師の一人で、京都での布教を開始した。

    ヴィレラの著作である『耶蘇会士日本通信』の1561年8月17日付け書簡には、「堺の町は甚だ広大にして大なる商人多数あり。この町はベニス市の如く執政官によりて治めらる」と書かれ、この文章によって、堺の様子は『東洋のベニス』として、当時の世界地図に掲載されるほどヨーロッパ世界に認識されることとなった。

    関連リンク
    ガスパル・ヴィレラ - Wikipedia
    2002年 - Wikipedia

    その他の今日の出来事
    2002年-大津市役所がISO14001の認証を取得
    1941年-婦人勤労奉仕隊を編成するため、大津市が各町内会長に通達を出す
    1631年-暴風雨により、延暦寺の根本中堂・大講堂・横川四季講堂などが倒壊する



    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください