新生する「滋賀県立近代美術館」の設計者があの「SANAA事務所」に決まったみたい




20150326sm000
滋賀県立近代美術館

 滋賀県が瀬田南大萱町にある「滋賀県立近代美術館」の増築などを行なうために新生美術館の設計を公募し、全国から13の案が集まったそうです。その中から「SANAA事務所」の案に決まったみたい。新しい滋賀県立近代美術館は2019年度までに開館予定。

 滋賀県のウェブサイトで決定までの流れが公開されています。
LINK:新生美術館の設計者の選定(プロポーザル)について/滋賀県

 SANAA事務所は石川県金沢市の「金沢21世紀美術館」やフランスのルーヴル美術館の別館「ルーヴル・ランス」などを設計している超有名な事務所。

SANAA(サナア、Sejima and Nishizawa and Associates)は、妹島和世(せじまかずよ)と西沢立衛(にしざわりゅうえ)による日本の建築家ユニット。

SANAA – Wikipediaより

20150326sm001
20150326sm002
新生美術館の設計者の選定(プロポーザル)について/滋賀県技術提案書(PDF:1,092KB)より

 美術館の建物を繋ぐ回廊はガラス張りで、周りの景観も楽しめるようになっているみたい。入り口のエントランスのところもガラス張りに変わるようです。

滋賀県立近代美術館

 現在、滋賀県立近代美術館では「見つめて、シェイクスピア!」展が開催中。4月5日(日)まで。
LINK:「見つめて、シェイクスピア!」展が始まりました – 滋賀県立近代美術館 公式ブログ

関連記事
滋賀県立近代美術館が「新生美術館の設計者選定に関するアンケート」を募集してる。2018-19年に新しくオープン予定だそう
関連リンク
新生美術館整備室/滋賀県
滋賀県立近代美術館
滋賀県立近代美術館 公式ブログ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。