映画「ちはやふる -結び-」が3/17(土)公開!大津市内各地がロケ地になってるみたい




 

映画「ちはやふる -結び-」が3月17日(土)に公開されました。
大津市内では大津アレックスシネマユナイテッド・シネマ大津で上映されています。

「ちはやふる -結び-」は、2016年に公開された2部作映画「ちはやふる 上の句」「ちはやふる 下の句」に続く作品になっています。

映画の公式サイトはこちら
LINK:映画『ちはやふる -結び-』公式サイト

 

「ちはやふる」は百人一首を使う「競技かるた」を題材にした少女マンガで、マンガは37巻まで発売中(2018年3月現在)。作者は末次由紀さん。

映画化よりひと足早くアニメ化もされていて、アニメ1期25話(2011年)・2期25話(2013年)に続き、3期(2019年)の放送が発表されています。マンガにもアニメにも映画にも、近江神宮など大津市内が登場してます。

滋賀県内での映像制作を支援している滋賀ロケーションオフィスのロケ情報誌「オフィスニュース 30号」によると、「ちはやふる -結び-」では大津市内の11スポットでロケが行われたようです。

市内の「ちはやふる -結び-」ロケ地
・近江神宮
・近江勧学館
・よいこのもり保育園
・旧竹林院
・大津市民病院
・琵琶湖疏水
・びわ湖大津館
・龍谷大学瀬田キャンパス
・味鮮(台湾料理店)
・大津市役所前道路
・仰木の棚田

↓地図ではこちら

近江神宮の境内にある近江勧学館。
競技かるたの「名人戦・クイーン戦」や「高校選手権(かるた甲子園)」などの会場になっている、競技かるたの聖地です。

近江勧学館の中では、百人一首グッズ・ちはやふるグッズ・おおつ光ルくんグッズなどの販売の他、映画ちはやふるの出演者の方々のサイン、マンガ原作者末次さんの奉納原画などが展示されていました。ファンによるちはやふるイラスト展は3月末まで。撮影許可済。

映画の「下の句」と「結び」の間をつなぐ全5話のスピンオフドラマ「ちはやふる -繋ぐ-」が「hulu」「dTV」「ビデオパス」で公開中。Blu-ray・DVDのレンタルもやってるのかな。
映画館で「結び」を見る前に「繋ぐ」を見ておくと、より楽しめるかもしれません。


京阪石山坂本線では「ちはやふる -結び-」公開記念ラッピング電車が走っています。こちらは5月末まで運行の予定となっています。もしかしたら延長するかも。

関連リンク
映画『ちはやふる -結び-』公式サイト
滋賀ロケーションオフィス



1 個のコメント

  • 映画効果で、大津に観光客がたくさん来てくれるといいな。
    京阪大津線も乗ってくれると尚いいな。
    観光客の方々お待ちしております。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください