映画「曇天に笑う」が3/21(水祝)公開!日吉大社やびわ湖バレイがロケ地になってるみたい




(c)2018映画『曇天に笑う』製作委員会 (c)唐々煙/マッグガーデン

 

映画「曇天に笑う」が3月21日(水祝)に公開されました。
主演は福士蒼汰さんで、監督は『踊る大捜査線』などの本広克行さん。

大津市内では大津アレックスシネマユナイテッド・シネマ大津で上映されています。

映画の公式サイトはこちら
LINK:映画『曇天に笑う』公式サイト

(c)2018映画『曇天に笑う』製作委員会 (c)唐々煙/マッグガーデン

2011年に始まったマンガ「曇天に笑う」(全6巻+外伝)が原作の実写映画で、「曇天に笑う」は2014年にアニメ、2015年に舞台などにもなっています。

原作者の唐々煙(からからけむり)さんは大津市出身のマンガ家で、この作品は明治維新後の大津市が舞台となっています。

滋賀県内での映像制作を支援している滋賀ロケーションオフィスのロケ情報誌「オフィスニュース 30号」によると、大津市内を含む滋賀県内でロケが行われたようです。

滋賀県内のロケ地
・日吉東照宮
・びわ湖バレイ
・竹生島
・琵琶湖岸(姉川河口、世継浜)

作中の重要な舞台のひとつである「曇神社」。
原作では大津市唐崎にある唐崎神社がモデルとして描かれて、この実写映画では日吉東照宮で撮影が行われたようです。

地図ではこちら

ストーリー
「どんな時でも笑っていられる強い男になれ!」が信条のお調子者、曇天火(福士蒼汰)は、3兄弟の長男で、弟思いで人々から慕われていた。どんな悪党にも負けない最強の男として村を守っている一方で、実は弟にも言えない秘密を抱えていた。

彼らの暮らす地では、300年に1度曇り空が続く日、世界を滅ぼす破壊の神・オロチ(大蛇)が復活し、人々に災いをもたらすという伝説があった―。ついに曇り空が続き、オロチ復活がささやかれるある日、オロチの力を利用し、政府転覆を目論む忍者集団・風魔一族が村を襲い、明治政府と大闘争がおき、それに巻き込まれた天火の弟・空丸(中山優馬)は、命を狙われ捕らわれの身になってしまう。

弟を救うため、単身で風魔一族に戦いを挑む天火だが、仲間の裏切りに遭い絶体絶命の窮地に―。
果たして天火は愛する弟を守れるのか?そして彼が隠し続けてきた秘密とはー?

主演・福士蒼汰×監督・本広克行(『踊る大捜査線』『亜人』) 最強タッグで贈る<胸アツ>エンタテインメント大作!

2018年3月21日(水・祝)超拡大ロードショー

出  演
福士蒼汰、中山優馬、古川雄輝、桐山漣、大東駿介、小関裕太、市川知宏、加治将樹、若山耀人、池田純矢、若葉竜也、奥野瑛太/東山紀之

公式サイト:http://donten-movie.jp/
公式Twitter:https://twitter.com/donten_movie
公式facebook:https://www.facebook.com/donten.movie/
(C)2018映画「曇天に笑う」製作委員会

大津ロケ記念で、日吉大社の近くにある旧竹林院にて「曇天に笑う 大津展」が開催されています。5月6日まで(4月14日に展示内容変更あり)。
LINK:曇天に笑う 大津展|イベント|びわ湖大津トラベルガイド|びわ湖大津観光協会

関連リンク
映画『曇天に笑う』公式サイト
滋賀ロケーションオフィス


大 津 市 民さん、情報ありがとうございました!
大津市内で見つけた出来事を教えてください。情報提供願い



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください