大津市北部にある比良山系「釣瓶岳」から「富士山」が見えるみたい




比良山系「釣瓶岳」の山頂から日本一高い山「富士山」が見えるみたいです。
「釣瓶岳」は大津市の北の端にあり、山頂付近が高島市との境界になっています。

12/16に共同通信社の記事になってました。
LINK:257キロ先の富士山、撮影成功 滋賀・釣瓶岳から – 共同通信

「釣瓶岳」は地図ではここ。

「釣瓶岳」から「富士山」へのルートはこちら。直線距離では約257km離れています。

GoogleEarthで富士山が見えるか試してみましたが、全然わかりませんでした。
空に浮かんでる小さいもの(読めませんが富士山という文字)がある方向に富士山があります。

富士山を着色して見やすくしてみると…。

うーん、わからない。

↓産経新聞のツイッターより。こんな感じに見えるようです。

この一枚を撮るための準備を考えると、ものすごい写真です。撮影するには恵まれた天候と望遠レンズが必要ですね。

こちらの「富士山可視マップ」をみたところ、大津市内から富士山が見えるスポットは釣瓶岳のみになるのかな。
LINK:富士山可視マップ

富士山が見える「西限界」は、釣瓶岳からもう少し北の、京都市と高島市の境目あたりになるそうです。
LINK:ついに撮った! 京都からの富士山

関連リンク
田代博のホームページ
釣瓶岳 | 山の最新情報、登山情報 – ヤマレコ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください