圏外サヨナラ!12/8(金)から大津駅~山科駅間のトンネルで「携帯電話通信サービス」が利用可能になるみたい




↑新緑の新逢坂山トンネル東口のすぐ横にある上関寺トンネル(蝉丸跨線橋)

JR東海道線(琵琶湖線)の大津駅~山科駅間のトンネルで「携帯電話通信サービス」が利用可能になり、携帯電話やスマホが圏外にならなくなるみたいです。

JR西日本の発表によると、2017年12月8日(金)からNTTドコモとKDDI(au)の通信サービスがスタート。
ソフトバンク(と、ワイモバイル)は12月下旬からの予定なので、年内には3大キャリアすべてが利用可能になりますね。

JR西日本のホームページで発表されています
 LINK:東海道線 大津~山科駅間のトンネル区間における携帯電話通信サービス開始のお知らせ:JR西日本

地図ではこの区間(約4.5km)。電車が通る新逢坂山トンネルは約2.4kmあります。

発表には、こんな案内も。
「車内では、これまでどおりマナーモードに設定の上、通話はご遠慮ください。
また、混雑時は優先座席付近では電源をお切りいただきますようご協力をお願いいたします。」

電車はどっちに走っているか。答えはこちら方面

東海道線のJR山科駅~京都駅間のトンネルは、2017年4月に携帯電話通信サービスがスタートしています。
これで大津駅~京都駅間は携帯電話・スマホが利用可能になりますね。

JR西日本様、湖西線の大津京駅~山科駅間のトンネル(長等山トンネル、約3km)もよろしくお願いします!

関連リンク
JR西日本 West Japan Railway Company:トップページ
地域からのお知らせ(関西) : JR東海道本線「大津駅~山科駅」区間のトンネル内で携帯電話サービスを提供開始 | お知らせ | NTTドコモ
JR東海道本線「大津駅~山科駅」区間のトンネル内で携帯電話サービスを提供開始 | 2017年 | KDDI株式会社
JR東海道本線 「大津駅~山科駅」区間のトンネル内で携帯電話サービスを提供開始 | ソフトバンク株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンクグループ
『歴史を感じさせる、京都と大津を結ぶ「トンネル」』:【大津e湖都市場(おおついいこといちば)】大津豆知識



1 個のコメント

  • 京都〜山科間が通じるようになって期待してましたが遂に!
    次は是非とも大津京〜山科間をお願いします!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。