平成29年台風21号がきた10月22日は大津での観測史上2番目の降水量だったみたい

    P1270067_10

    平成29年台風21号がきた10月22日は大津市での観測史上2番目の降水量だったみたいです。

    1976年4月~2017年10月の約40年間で2番目の降水量。すごい。

    これまでの気象データは気象庁のホームページで確認することが出来ます。

     LINK:気象庁|過去の気象データ検索(大津市)

    29ty21_10
    気象庁|過去の気象データ検索より(2017/10時点)。
    今回の台風のところを黄色くしてます。

    降水量トップ5 (mm/d)
     ・170.5 (2013/9/15)
     ・170.0 (2017/10/22)
     ・158 (1985/6/25)
     ・157.5 (2013/9/16)
     ・155 (1982/8/1)

    降水量が1番多かったのは、特別警報が発令された平成25年台風18号がきた2013年9月15日。
    平成29年台風21号は、この時とほぼ同じ降水量だったようです(大津市内では)。

    ただ、平成25年台風18号のときは翌日の9月16日(4番目)とあわせて、2日間で328.0mmとなっています。

    平成25年台風18号については、滋賀県のホームページで被害の記録がまとめられています

     LINK:平成25年台風18号 被害の記録/滋賀県

     LINK:平成25年(台風18号)|滋賀県水害情報発信サイト

    黒津にある「ウォーターステーション琵琶」のFacebookでは、水を放流する洗堰の様子などの写真がアップされています。
     LINK:ウォーターステーション琵琶 – ホーム


    最大瞬間風速トップ5 (m/s)
     ・26.4 (2010/12/3)
     ・25.4 (2012/4/3)
     ・24.5 (2009/10/8)
     ・22.3 (2011/9/2)
     ・21.0 (2017/10/23)

    2008年3月から観測が始まっている『日最大瞬間風速』では、21.0(m/s)で史上5番目の最大瞬間風速だったようです。風速は20(m/s)を超えると暴風と呼ばれます。

    1番目の2010年12月3日になにがあったのかは、調べてみたけどわかりませんでした。

    静穏 – 風速0.3m/s未満の風
    やや強い風 – 10m/s以上15m/s未満の風
    強い風 – 15m/s以上20m/s未満の風
    非常に強い風 – 20m/s以上30m/s未満の風
    猛烈な風 – 風速30m/s以上、または最大瞬間風速が50m/s以上の風


    台風とは関係ありませんが、今年(2017年)の8月25日(金)は大津市内の観測史上もっとも最低気温が高い日(27.8度)だったようです。夜中でも27.8度以上の熱帯夜だったんですね。

    熱帯夜(ねったいや)は、日本の気象庁の用語で、「夜間(夕方から翌朝まで)の最低気温が摂氏25度以上のこと」をいう。

    関連リンク
    気象庁 Japan Meteorological Agency
    平成29年台風第21号による被害に関する情報/滋賀県

    この記事が気に入ったら
    いいね または フォローしてね!

    この記事を書いた人

    管理してます。昨年窓辺で始めた水耕栽培の大葉とバジルは年を越せました。でも春前にリセットしようかな…

    コメント

    コメント一覧 (1件)

    コメントする

    目次