5月12日【今日は何の日?】唐の使節を大津宮で出迎える

過去の大津の【今日】の出来事を紹介します。

近江大津宮錦織遺跡にある「志賀宮址碑」(by Saigen Jiro)2017年 PD

672年5月12日(天武天皇元年)
唐の使節、郭務悰らを大津宮で迎接する 『日本書紀』

唐の使節、郭務悰(かく むそう)らが大津宮に来た日。この日に、唐の使節へ贈り物として大量の甲冑弓矢、絁(あしぎぬ:古代の絹織物)1673匹、布2852端、綿666斤を渡したそうです。

郭 務悰(かく むそう、生没年不詳)は、中国代の官吏白村江の戦い後に日唐関係修復交渉のため、3度(あるいは4度)倭国日本)を訪問している。

しばらくして12月3日天智天皇崩御し、その知らせは翌年、阿曇稲敷を通じて郭務悰らに伝達された。郭務悰は哀悼の意を表し、喪服を着て、東に向かって拝んだ。その上で、唐の皇帝の国書の書函と信物(くにつもの)を進上した。しかし交渉はもつれたのか、その後も駐留し続けた。 交渉の末に唐使らに大量の甲冑弓矢1,673匹、2,852端、綿666斤の贈物をすることで5月30日帰国させた(『日本書紀』巻第二十八、天武天皇上 元年5月12日条、元年5月30日条) 。

郭務悰 – Wikipedia

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

管理してます。今年は窓辺で初めての水耕栽培にトライ。大葉とバジル。

コメント

コメントする

目次