7月12日【今日は何の日?】「琵琶湖哀歌」のメロディーが流れるガイドボックスが堅田港近くに設置

    過去の大津の【今日】の出来事を紹介します。

    0712_7
    「琵琶湖哀歌の碑」(湖族の郷文学碑)のよこにあるガイドボックス

    1996年7月12日(平成8年)
    「琵琶湖哀歌」のメロディーが流れるガイドボックスが堅田港近くに設置 『広報おおつ』

    大津市本堅田に「琵琶湖哀歌」のメロディーが流れるガイドボックスが設置された日。

    「琵琶湖哀歌」は1941年(昭和16年)6月にテイチクレコードから出された流行歌。

    同年4月6日に琵琶湖でボート練習中に突風のため転覆し水死(琵琶湖遭難事故)した第四高等学校(現・金沢大学)漕艇部の部員11人を悼んで作られたとされている。

    琵琶湖哀歌 – Wikipedia
    07122_7
    「琵琶湖哀歌の歌碑」にある奥野椰子夫顕彰の碑

    「琵琶湖哀歌」の作詞は、「夜のプラットホーム」などを手掛けた作詞家の奥野椰子夫。奥野椰子夫は本堅田出身の方で、音楽著作権の確立や競輪事業の普及発展に尽力されたそうです。

    この記事が気に入ったら
    いいね または フォローしてね!

    この記事を書いた人

    管理してます。昨年窓辺で始めた水耕栽培の大葉とバジルは年を越せました。でも春前にリセットしようかな…

    コメント

    コメントする

    目次