7月16日【今日は何の日?】1963年 名神高速道路の「大津インターチェンジ」が供用開始される




おおつうしん けいじばん


      大津市や近郊のイベントやキャンペーンなどの告知スペース。『おおつうしん けいじばん』から投稿できます

    過去の大津の【今日】の出来事を紹介します。

    0715_7
    (大津インターチェンジと併設の)大津サービスエリア(上り線) (by W-nexco)2009年 CC-BY

    1963年7月16日(昭和38年)
    名神高速道路の「大津インターチェンジ」が供用開始される

     日本初の都市間高速道路となった名神高速道路の『栗東IC-尼崎IC間』(70.9km)の開通にともない、「大津インターチェンジ」が供用開始した日。

     前日の7月15日に開通式が行なわれたようで、当時のニュース映像がYoutubeにありました。

     同年10月1日にレストランが営業開始した大津サービスエリアは、日本初のサービスエリアなのだそうです。

    大津サービスエリアは、滋賀県大津市の名神高速道路上にあるサービスエリアである。大津ICに併設されている。

    名神高速道路の部分開通(1963年7月16日)と同時に設置された日本初のサービスエリアであり、オープン当初は、駐車場とトイレのみの施設であった。

    大津サービスエリア - Wikipediaより

     当初は現在の「京都東インターチェンジ」が「大津インターチェンジ」として利用される計画だったみたい。

    名神高速道路が建設された当時、現在の京都東ICが大津ICとして計画されていた。

    それに対して当時の大津市長上原茂次は「それでは大津ICとは言えない、京都市内にあるではないか」と猛抗議した。そこで、当初大津SAのみの予定であった場所に急遽、大津ICが併設され、当初予定の大津ICは1963年7月16日、京都東ICに改称の上で設置された。

    大津インターチェンジ - Wikipediaより

     大津サービスエリアは2015年1月にリニューアル工事が完了したようです。結構かわってるんですね。
    LINK:名神高速道路(下り線)大津SAのリニューアル工事が完了しました|NEXCO 西日本

    関連リンク
    名神高速道路の開通(大津インターチェンジ・昭和38年)|大津の古写真|大津市歴史博物館
    日本で最初に造られたサービスエリア「大津サービスエリア」:【大津e湖都市場(おおついいこといちば)】大津豆知識
    1963年 - Wikipedia

    その他の今日の出来事
    1983年-新唐崎水泳場オープン
    1909年-大津市議会で上水道工事の起業が議決される
    1901年-愛国婦人会滋賀支部が大津市東浦に創立される
    970年-天台座主良源が二十六箇条起請を定め、僧兵の活動をもいましめる
    925年-醍醐天皇が延暦寺で祈雨の修法を行なわせる



    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください