8月19日【今日は何の日?】1980年 甲子園全国高校野球大会で瀬田工業高校が初めて準決勝へ進出する




おおつうしん けいじばん


      大津市や近郊のイベントやキャンペーンなどの告知スペース。『おおつうしん けいじばん』から投稿できます

    過去の大津の【今日】の出来事を紹介します。

    1980年8月19日(昭和55年)
    甲子園全国高校野球大会で瀬田工業高校が初めて準決勝へ進出する 『朝日新聞滋賀版』

     第62回全国高等学校野球選手権大会で瀬田工業高校(当時初出場)が浜松商業高校(静岡代表:当時5年ぶり5回目)と準々決勝で対戦し、『瀬田工 20-5 浜松商』で勝利して準決勝に進出した日。

    1980年 第62回全国高等学校野球選手権大会

    ○2回戦 9-7 明野(三重)
    ○3回戦 3-0 秋田商(秋田)
    ○準々決勝 20-5 浜松商(静岡)
    ●準決勝 0-8 早稲田実業(東東京)

    滋賀県立瀬田工業高等学校 - Wikipediaより

     準決勝(8月21日)で早稲田実業学校(東東京代表:当時2年振り23回目)と対戦し、『瀬田工 0-8 早実』で敗退。瀬田工はベスト4に。

     当時の早稲田実業には1年生の荒木大輔がいて、『大ちゃんフィーバー』が起きてたそうです。

    この時の甲子園での大活躍に加え端正かつ爽やかなルックスとが相まって中高生を中心とした幅広い女性ファンから絶大なる支持と人気を集め、以降、荒木が高
    校野球を引退するまで移動のバスや練習グラウンド、試合前後の球場内外を大勢の女性ファンが取り囲むという光景がこの時代の風物詩になるとともに一大ムー
    ヴメントとなった。

    この大会より早実は荒木が在学中の夏甲子園大会に5季連続で出場。世間では「大輔」が新生児の人気名前ランキングの1位に上がるなど空前ともいえる「大ちゃんフィーバー」が社会現象として巻き起こった。

    荒木大輔 - Wikipediaより

    関連リンク
    滋賀県立瀬田工業高等学校
    第62回全国高等学校野球選手権大会 - Wikipedia
    1980年 - Wikipedia

    その他の今日の出来事
    1919年-江若鉄道敷設免許状が政府からおりる
    1918年-米騒動により、大津市川口町の評議員が米の町内一括購入を協議する
    1093年-天台座主良真の罷免をめぐって山門衆徒が争い、坂本の民家80余戸が焼失する。翌日良真は罷免
    1022年-源信の弟子延鏡が復興をすすめてきた関寺の伽藍がほぼ完成する



    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください