漫画「曇天に笑う」がTVアニメ化。明治11年の大津市が舞台。10/12(日)23:30からびわ湖放送で放送





漫画「曇天に笑う」がTVアニメ化。10月12日(日曜)23時30分からびわ湖放送で放送予定。

LINK:TVアニメ「曇天に笑う」公式サイト

漫画「曇天に笑う」は明治時代の大津市が舞台の作品で全6巻。
「曇天に笑う 外伝」の上巻が発売中。舞台を戦国時代に移した「煉獄に笑う」の1巻も発売中。

「曇天に笑う 外伝」と「煉獄に笑う」は現在「月刊コミックガーデン」で連載中で、ネットで無料で読める「ウェブコミック ビーツ」でも連載中。月刊誌とウェブの2か所で2作品を同時に連載中でいいのかな。めずらしい。

作者の「唐々煙(からからけむり)」さんは唐崎出身だそうです。『唐崎神社』は「曇天に笑う」作中の「曇神社」のモデルになってるみたい。文字通りの聖地。
LINK:漫画「曇天に笑う」×唐崎神社|日吉大社公式ブログ「日々よし」


「唐崎神社」は日吉大社の摂社のひとつ

唐崎にある本屋「がんこ堂 唐崎店」には特設コーナーが設けられてるみたい。

唐々煙さんは隔月刊誌「ITAN」で「シニガミ×ドクター」も連載中。10月7日に「シニガミ×ドクター」2巻が発売されるみたいです。

関連リンク
TVアニメ「曇天に笑う」公式サイト
唐々日記(唐々煙さんのブログ)
唐々煙(@kara2kmr)さん | Twitter
唐々煙 – Wikipedia



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください