日吉大社の大絵馬が申(サル)に変わってた。大絵馬の横には境内案内図が新設




P1250696_12

日吉大社の大絵馬が、2015年の未(ひつじ)から2016年の申(さる)の絵に変わってました。

P1250688_12
この大絵馬は、毎年干支をモチーフにしたものが描かれてます
P1250689_12
日吉山王宮曼荼羅

大絵馬の隣には、日吉大社の”境内案内図”が新しく設置されてました。
成安造形大学の方々が原画をつくったようです。

0920_9
2015年。

P1250696_12

2016年。

大絵馬が変わったことは新聞記事に。

 LINK:(12月15日)大絵馬:魔が去る…「まさる」大切に 大津・日吉大社 – 毎日新聞

 LINK:(12月20日)滋賀)申の大絵馬登場 学生作、境内図も 日吉大社:朝日新聞デジタル

日吉大社は境内で神猿(まさる)という猿を飼っています。古くは室町時代の記録にも登場してるそう。
日吉大社のホームページに紹介するページができてたので、詳しくはそちらで。

 LINK:神猿(まさる)について | 日吉大社


関連リンク
日吉大社 | 平安京の表鬼門鎮座 方除・厄除の大社 神仏霊場 滋賀県17番
日吉大社(@hiyoshitaisha)さん | Twitter



2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください