7月14日【今日は何の日?】866年 最澄に伝教大師、円仁に慈覚大師の号が贈られる




おおつうしん けいじばん


      大津市や近郊のイベントやキャンペーンなどの告知スペース。『おおつうしん けいじばん』から投稿できます

    過去の大津の【今日】の出来事を紹介します。

    0714_7
    清和天皇像(清和院 所蔵)PD

    866年7月14日(貞観8年)
    最澄に伝教大師、円仁に慈覚大師の号が贈られる 『帝王編年記』

     清和天皇から最澄に「伝教大師」、円仁に「慈覚大師」の号が送られた日。

     これ以降、「伝教大師最澄」、「慈覚大師円仁」と呼ばれるようになったそうです。最澄の入滅(死)の44年後、円仁の入滅の2年後の出来事。

    866年(貞観8年)、清和天皇より伝教大師(でんぎょうだいし)の諡号が贈られた。日本で初めての大師号である。以後「伝教大師最澄」と称される。

    最澄 - Wikipediaより

    関連リンク
    天台宗 > 天台宗について > 宗祖・高祖・祖師・開祖
    最澄 - Wikipedia
    円仁 - Wikipedia
    清和天皇 - Wikipedia
    866年 - Wikipedia

    その他の今日の出来事
    2004年-田上山百年の森づくり協議会設立
    1970年-平和堂石山店建設をめぐり、平和堂と松原町住民の間で県下初の日照権紛争が起こる
    1963年-東海道新幹線工事のため瀬田町の六反墓地が移転
    1937年-防火演習が別所の大津練兵場で行なわれ、在郷軍人会・国防婦人会・生徒児童ら一万数千人が参加する。終了後、時局国防国民大会が開催。
    1895年-第一回大日本連合競漕会(ボート)が石場-紺屋関間のコースで開催される
    1880年-京都-大津間に鉄道が開通し、明治天皇が試乗する(翌15日から営業運転)
    1871年-廃藩置県により、膳所県が発足する
    965年-崇福寺再建のため造崇福寺使が任命される



    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください